看護師 職場

看護師として働ける職場はたくさんある

看護学校を卒業後、ほとんどの人が綜合病院やクリニックなどの医療機関を選択すると思います。
しかし他にも看護師として働ける職場はあります。

 

会社などに出向く検診車や、献血を行う献血車などに乗って業務を行うこともあります。
これは病院に勤めている場合ですが、その病院が定期健診の出張を行っている場合はそんな仕事を任される場合もあります。
他には保健所・老人福祉施設・訪問看護ステーション・身体障害者施設などがあります。
会社内にある医務室にも看護師が常駐している場合もありますし、看護師の資格を持っているだけでもたくさんの就職先があるのです。
看護学校を卒業後、一定の条件を満たせば看護学校などの教員という就職先もあります。

 

また保健師や助産師の資格を持っていると、さらに就職の幅は広がります。
資格は持っていれば持っているほど有利なので、意欲があるのならばとっておきたいですね。
時間はかかりますが、一生ものの資格と言えますよ。

 

訪問看護師

訪問看護師とは?

看護師にも色々な種類がありますが、訪問看護師というものを聞いたことがありますか?
訪問看護師とは寝たきり、または高齢の患者がいる自宅に向かい、患者のケアを行う人のことを言います。
症状が悪化しても病院や介護施設に入りたくないと考える人はたくさんいます。
そんな人達の為に、この訪問看護師という存在があるわけです。

 

訪問看護師は綜合病院や個人クリニックとは違い、看護師一人で患者と向き合います
一対一なので気兼ねすることもありませんし、こちらの方が楽だと考える人も大勢いるでしょう。
ずっと綜合病院に勤めていて、何かのきっかけでこの訪問看護師になってからとても仕事が楽だと言う人も実際にいます。
なので大勢の患者さんとのコミュニケーションが苦手な人にもこの訪問看護師はおススメです。

 

訪問看護師の仕事は、自宅で医療行為を行うだけではありません。
介護士と一緒で日常生活の手助けも行うので、そういった仕事も問題ないという人でないと務まりません。
一人の人にずっとついておけるので、メンタル面ではとても楽だと思います。
アルバイトの看護師求人

看護師ってどうなの?

看護師と聞くと「白衣の天使」というように、怪我や病気のつらい時期を専門的にサポートしてくれる、病院になくてはならない存在ですね。
昔はその多くを主に「看護婦」といいましたが、男女雇用機会均等法の成立によって男性職員も以前に比較して相当数増え、性別を問わず憧れる・目指したい職業の上位にランクインされているのではないでしょうか。
でも、「看護師って大変そう」「どうやったらなれるんだろう」「いつから専門的に勉強するべき?」「学費はいくらくらいかかるんだろう」と、看護師になるまでの道のりとしては一般的にはあまり知られることのない世界ですね。
非常に多岐にわたる専門知識を身につけなければならず、実際に看護師として働き始めても多忙な労働環境も否めません。ただ、それ以上に「人の命を守る現場」に携わっている充実感や満足感はひとしおでしょう。
人の身体と命を守るサポート役として欠かせない存在の看護師。看護師になるための方法やノウハウ、豆知識などをご紹介していきます。
産業保健師求人はこちら